うれしいつながり

 

さて、天童教室の福田です。今日はうれしいつながりに関してです。実は最近立て続けにご紹介をいただきました。

 

一人目は「代行さん」・・・・福田がお酒を飲んだときに、家まで送ってくれる方です・・・天童に来てから9年間・・・・酔っ払いの福田を見てでもご紹介いただけるなんて(汗)ありがたいですね・・・娘さんもお預かりしてますし・・・・つながりに感謝です。

 

2人目は、保育士さん。・・・・塾の近くの公園でよく遊んでいる子供たちを世話している、保育士さんのどなたからかご紹介をいただきました(笑)

 

そして、最後は、いつも行くコンビニの店員さん(笑)からも・・・・うれしいですね・・・・・

 

決してうちの中身を理解してくれているわけではありません(笑)ありがたいことに、福田の普段の行動からご紹介していただきました(汗)少なくても福田は挙動不審な不審者には見えていないようですね・・・・

 

何度も書いておりますが、天童に来て9年です・・・・OPENした時には知り合いは0人・・・・生徒はゼロ人・・・・突然福田が病気になっても、財布を落としても・・・かなしくて泣きたくても、助けてくれる人はいませんでした・・・・気づいてくれる人はいませんでした・・・・それが今・・・・ほんの些細な出会いからも新しい出会いが生まれるようになりました・・・感謝ですね・・・・人に・・・天童に・・・

 

今はコンビニでサラダを買うだけで「ダイエット???」と聞かれます(笑)

 

今はラーメン屋で特盛じゃなく大盛りにしただけで「何かあった?」と心配されます(笑)

 

天童が大好きですね・・・・福田は・・・・今住んでいるところ・・・・地域・・・・よく見てください・・・・良いですよ・・・・いいことがいっぱいです・・・・近くに焼き鳥屋がある・・・・・風景がきれい・・・・隣のおばちゃんが面白い・・・・なんでもいいです・・・・いいこと見つけてみましょう・・・・・意識してみると結構ありますよね。

  • 2018.09.25 Tuesday
  • 15:48

一年の違い・・・

 さて、土日は新人戦でした。ある中学のある部活の主将は、新人戦の感想を福田から聞かれて涙がポロリ・・・・・そうです・・・・・後悔と反省しか残らない試合でした。

 

 福田は基本生徒のがんばりは見に行きますが、新人戦はそこまで気持ちが上がりません・・・・理由は

 

 「チームになっていない」からです。新チームになって時間が足りないのもわかりますが、全体的に「自分が」という思いが強すぎてまとまりがゼロなのです。

 

 主将は本当にしんどい役割です。そんなチームをまとめなければいけないのだから・・・・・ただ、誰でも出来るわけではない貴重な経験であることには変わりありません。

 

 ここから約一年・・・毎年のように中体連では感動的な試合が行われます・・・・今年の子供たちはどこで・・・・どんなタイミングで「自分」から「チーム」へと変化するのでしょうか・・・・自分がチームに活力を与えるのではなく・・・・チームという存在が自分に活力を与えてくれていることにいつ気がつくのでしょうか・・・そして、そこから「一人では何も出来ないこと」・・・・・自分が輝いたのはチームや支えてくれた人たちがいたからだということに気づくのでしょうか・・・・少なくても今日涙を見せてくれた生徒は、確実にわかったはずです・・

 

 さて、そんな中、テスト対策を実施中です・・・・ここでも1,2年生と3年生のさは歴然ですね・・・・3年生の背中をみとけよ・・・・おおきいだろ・・・・・なんでだろうね

  • 2018.09.24 Monday
  • 17:54

優先順位

 優先順位・・・・これは大事・・・・

 

 土曜日の補習・・・・やるべき優先順位は、塾から出た1週間分の課題・・・・これを終わらせること・・・・それによって1週間分の知識が定着する・・・・わからないが溜まらないのです。

 

 相変わらず塾の課題を無視して、別の勉強をしている生徒がいます・・・・結果・・・どれも中途半端で、点数が伸びるどころか下がっている・・・・当たり前です・・・・定着してないから

 

 社会に出たときに先輩に言われたことがあります。

 

 「認めてほしければ、まずは会社の言ったとおりのことをする・・・それ以上したければその後に・・」

 

 今なら少しわかりますね・・・・・言われたことをしないでやったとしても、結局評価は得られない・・・・受験生にとっては、福田の評価ではなく受験の点数ですね・・・・

 

 会社という組織からあぶれた福田が言うことではありませんが、まずは言われたことを行動に移す「素直さ」が必要なのだと思います・・・・

 

 今日、言われたことをやっていなかった生徒は能力が高いのに、いつの間にか多くの生徒に抜かされてしまった生徒・・・・焦っていろんなものに手を出してます・・・・・今日も諭しましたが・・・

 

 ただ、残念なことにいらないプライドで、「でも」「だって」が先に来ます・・・・自他共に能力が高いのはわかっている・・・・でも伸びない理由を残念ながら、自分の中に求められないのです・・・自分の弱さを認められないのです。・・・・それさえクリアできればすべてが拓けるのに・・・・

 

 ただ、福田は諦めが悪い&しつこい粘着男です(笑)いい続けてやりますよ・・・・わかるまで・・・・今日・・・この後も。

  • 2018.09.22 Saturday
  • 19:03

負けから・・・・

 さて将棋が大好きな福田です・・・・今は便利で、ネットでどの対戦も見ることが出来ます・・・・気がつけば1日中つけっぱなしなこともあります(笑)暇人です。

 

 将棋は本当に厳しい競技です・・・・・強い人は何で強いのか・・・・それは相手よりもすごい一手を指すからではありません・・・・相手よりも「ミスが少ないから」なんです。

 

 要するにミスをしたから負ける・・・・これってつらいです・・・・「相手のほうが強かった」「かなわなかった」こういう反省では、「もっと強くなろう」という前向きな姿勢が取りやすい・・・・今、力が無いのだから・・・・だけど「自分のミスで負けた」これはつらいですね・・・・・負けを見つめなおしたときに自分の失敗を見直さなければいけないのだから・・・

 

 福田レベルの棋士でも大会で負けた日は悔しくて仕方ありませんし・・・・寝て起きても、負けが残っています・・・・たちの悪い酒と一緒です。そして今でも、負けのシーンは頭に残っているのです・・・

 

 ただ強くなる棋士は、その自分のミス・・・・そして負けから乗り越えてくる棋士だと思うのです。

 

 ミスはなくなりません・・・・これだけ一生懸命にやっている人たちでさえミスをするのです・・・・受験生のミスはなくならない・・・・断言します・・・・だけど、自分がさりげなくしたミスを、本気で悔しいと思えるのか・・・逃げないで向き合えるのかでその後の合否は変わります・・・

 

 3年生・・・・ミスでのニヤつきは減ってきました・・・・悔しさ・・・焦りが見えてきました・・・・・そこから何を学びますか???

  • 2018.09.21 Friday
  • 18:25

気持ちが晴れる瞬間

 さて、実は先日激怒しました・・・・・理由は復習が出来ていないから・・・・・1週間前に出来ていたことを、まったく復習しないのでまた最初からやり直しの生徒がいました。・・・・・難しい内容ではありません・・・・

 

 福田「繰り返しができないならもう来なくて良いよ・・・・先週の授業無駄じゃん・・・・じゃあ今週もやるいみねぇよ・・・・・恥ずかしくない???先週も今日も母さんが一生懸命迎えに来てくれて・・・必死に働いて、自分が買いたいものを我慢して・・・・それでもお前のために時間もお金もかけているのを、全部無駄にしたんだからな・・・・俺は・・・・勉強の出来るできないで判断はしないけど、思いを踏みにじるのだけは許せねぇ」

 

 泣きながら帰りました・・・・

 

 昨日・・・・お母さんとその生徒が来塾・・・・・やめるのかな???と思いましたがお母様から

 

 「すみませんでした・・・・・・あの後、○○と話し合って、まずは先生に謝りに行こうということになりまして・・・」

 

 

 そして、その生徒はしっかりと謝罪をしてくれました・・・・・少しうるっと来ました・・・

 

 ただ、お二人に伝えたのは、謝罪相手は自分ではなく両親だということ・・・・・反省するのであれば、まずは行動で示すことという内容・・・そして

 

 謝る気持ちがあること・・・そして素直に自分の非を認められることがすばらしいということです・・・

 

 年頃です・・・・頭を下げるのが恥ずかしい年齢かもしれません・・・・でもその中で、自分がいかに恥ずかしいことをしたのかを理解しようとした・・・・そして行動に移したのがすばらしいのです・・・

 

 もやもやしていた心が晴れました・・・・・連休からテスト対策です・・・いい感じで入れそうですね。

  • 2018.09.20 Thursday
  • 16:32

救われること

 

さて、昨夜は突然、うちの教室で4年間アルバイトをしてくれた悠太先生が顔を出してくれました・・・・昨年の4月から神奈川の一流企業に就職した講師です。

 

突然の訪問に、懐かしさがあふれ出しました・・・

 

福田「どうした???会社でも辞めてきたか??」

 

懐かしさのあまり、昔の悠太いじりを実行する福田

 

悠太「10連休です(笑)」

 

懐かしさ→殺意です(笑)福田が老体に鞭打ってがんばっているときに連休かい!!!さすがは大企業ですね。

 

ただ、そんな中でも、故郷にもどり、昔世話になった人をめぐっているという・・・・そういう義理堅さはすばらしいですね。

 

天童教室の自慢は・・・講師です・・・・ありがたいことにほぼ100%が大学4年間働いてくれる・・・・そして、教え子が働きに来てくれる・・・・そして、成長した先輩がしっかり後輩を面倒を見てくれる・・・だから後輩も先輩の背中を見て、後の後輩に恥ずかしくない成長を見せてくれます。

 

ふと思うのですが・・・・・・

 

 

「福田いらないのでは(笑)」

 

大いにありえますね。(笑)そういう福田自身も大介先生の教え子・・・・そして、同じような仕事をしたくてこの道を選びました。時代は繰り返されるのかもしれませんね。

 

元気が無い・・・・・疲れている・・・・そんなとき、いろんな人が助けてくれる・・・・昔の教え子だったり、講師だったり・・・・自分たちが勉強を教えている・・・仕事を教えているのではないですね・・・・自分たちが、教えるチャンスをもらっている・・・・先生になるチャンスをもらっている・・・・自生にかかわらせてもらっている・・・・自分たちのために仕事をしてもらっている・・・・・・ふとしたときに気がつくのもやはり「感謝」なんですね。

 

寒くなりました・・・・このタイミングで天童教室はエアコンが故障(笑)10年経ちますからね・・・・それだけの出会いがあったということです。・・・・福田はポンコツですが、故障するわけには行きませんので、しっかり油挿してがんばります・・・・すでに油こってりですが(笑)ではでは

  • 2018.09.18 Tuesday
  • 18:05

あむろちゃん・・・・

 あむろちゃんすごいですね・・・・そして残念です。沖縄は大パニック・・・・チケットを取れなかった人は会場の外で、少しでも声を聞こうと必死に耳を澄ましていました・・・・

 

 福田が中学校のころから25年間・・・・常に第一線で活躍・・・・そして、人々に影響と感動を与え続けてきた足跡はものすごいことですね・・・

 

 規模は違います・・・・たった10人かもしれませんが、福田も影響を与え続けてきたという自負があります・・・・影響の大きさも・・・規模も・・・内容もぜんぜん違うかもしれない・・・でも、自分なりに必死に・・・・自分なりの熱意と言葉で生徒たちの人生にかかわってきました・・・・それは胸を張っていいことだと思います。

 

 あむろちゃんと違って自分は、これからもそんな人生を送っていきます・・・・だからこそがっかりさせてはいけない・・・・・飲酒運転を始め・・・影響を与えてきた人が失望させる事件が相次ぎます・・・残念です・・・

 

 影響を与えるからこそ、責任が伴うし・・・だからこそどこで見られていても胸を張れる行動をしなければいけない・・・・

 

 生徒を失望をさせることがないように・・・胸を張らなければ・・・失望をさせないようにづるために、つらい顔をしないように・・・・・失望させないように強いふくだでいなければ。

  • 2018.09.17 Monday
  • 18:48

ご連絡。

 いろいろと考えをまとめたいということと、書いたことを実行できない塾講師にはなりたくありませんので。今週はブログの更新をお休みします。

 

 月曜日には再開します!!!すみません!!

  • 2018.09.14 Friday
  • 17:16

 自分に・・・生徒に・・・・・

 泣いてもいい・・・叫んでもいい・・・・・自分の責任で決めたこと・・・・・自分が自分自身で選んだこと・・・・どんなに茨の道でも・・・・近くに安全な道があっても・・・・・絶対、決めた道以外はみない・・・・強い意志を持つ。

 

 自分自身に言っております・・・・・自分が言い訳しないように生徒の見本になれるように・・・・生徒にもしっかり伝えます・・・

 

 難しいことはわかっている・・・・・でも決めたことでしょ???・・・・泣いても良いです・・・・でも・・・・一つ決めることに一回だけ・・・・叫んでもいい・・・・でも、本当に叫びたい一回だけにしよう・・・・癖になるから・・・

 

 生徒のみんなは、自分でも気づいてないと思うけど・・・・ものすごい歩幅で、ものすごいスピードで成長している・・・・・指導者としてそれを見ていると、自分の歩幅の小ささにも・・・・自分が臆病になって前に進めていない、かっこ悪さも同時に見えてしまう・・・・

 

 もっと前に進めたはず・・・・もっと前だけを見ていたはず・・・・・だから、今も前に進めるはず

 

 生徒から学ぶ・・・・おじさん・・・・前を向きます。

  • 2018.09.13 Thursday
  • 18:34

残すという役割・・・・

 さて・・・・杉内引退ですか・・・・福田と同じ1980年の選手がまた一人いなくなります・・・鹿児島実業で完全試合・・・・三菱重工長崎からソフトバンクへ・・・・・沢村賞などを受賞した・・・松坂世代最強の左腕もついに引退になりました・・・・・同じ年として本当に寂しいですね・・・

 

 福田はよく自己嫌悪に陥ります・・・・福田の判断が自分勝手だったり・・・・・相手のことを考えているように見えて、結局悲しませたり・・・・自分がしていることが果たして本当に正しいことなのかもわからなくなるときがあります・・・・実は最近そうでした・・・

 

 新しい世代が活躍しています・・・・・テニスでは、大坂選手が、福田とほぼ同じ世代のセリーナを破りました・・・・インタビューの中で大坂選手は「セリーナと決勝で戦うのが夢だった」と話しています・・・・

 

 杉内も村田も東出も古木も吉本も久保も赤田も・・・そして松坂も・・・・・もう活躍は出来ていないかもしれない・・・・でもその選手を見て、野球を始めた人たち・・・・そんな人たちに目標とされて、引退した後も、思いだったりいろんなものを残しているのです・・・

 

 福田も残す側の人間・・・・・・どんなに、今の自分がダメだとしても、出会ってくれた生徒たちにはとにかく、何かを残せるように・・・・しっかり面倒見れるように・・・・それが使命・・・・それが自分の仕事だと思っています・・・

 

 さてくだらないギャグでも生徒たちの心の中に残してやりますかね(笑)無駄に(笑)

  • 2018.09.12 Wednesday
  • 17:59


profilephoto

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

qrcode         

PR