納得した上でね

 さて、昨日は2年前の卒塾生がいきなり相談に来てくれました・・・・授業の真っ最中に(汗)

 

 中学時代に校内で1桁まで成績を上げ、進路に関しては

 

・勉強をがんばるために進学校へ行くか

 

・部活をがんばるために全国屈指の強豪校へ行くか

 

 の2択を迫られました・・・・・何でも出来るのも考え物です・・・

 

 気軽に考えたわけではありません・・・必死に努力してきました・・・・自分でもわかっていたようですが、スポーツで将来たべていける可能性は低い・・・・本来であれば、進学を優先的に考えるのが正解かもしれない・・・・

 

 ただそのこが選んだのはスポーツの強豪校でした。

 

 そこへ進学する上で一番心配だったのが、

 

「進学するときの教科数」

 

 です。案の定その相談でした・・・

 

 ただ、何も考えていないで進学したのとは決定的に違うことがあります・・・足りないことは知っている・・・・このタイミングでこうなることもわかっている・・・覚悟の上での壁です・・・

 

 だから、相談内容もマイナスなものではなく

 

 「どうがんばったら行けるのか」

 

 という前を向いた相談になるのです。部活動でたべられないかもしれない・・・受験勉強なんて、将来役に立たない内容かもしれない・・・・だけど、こうやって前向きに壁と向き合う・・・逃げない・・・・そんな自分を身につけるのにはものすごい威力を発揮するのです・・・

 

 その生徒は乗り切るでしょうね・・・・部活か勉強か・・・・悩んだ2年前・・・・結果

 

 「両方を達成する」

 

 そんな最高の結果になるようにしか思えないのです・・・・・がんばれM

  • 2018.02.09 Friday
  • 18:08

スポンサーサイト

  • 2018.10.15 Monday
  • 18:08


profilephoto

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

qrcode         

PR