毎年通る道・・・・

 さて今年も毎年恒例の説教をする日が来ました。

 

 昨日です・・・・テスト前ということで授業後に残って勉強したいという生徒の申し出がありました・・・・大歓迎&大感激です。

 

 授業後・・・・生徒を見送り教室の中に入ると、生徒たちが話で盛り上がっていました・・・・しばらく様子を見ていると、残って勉強すると宣言した生徒までもが話しに混ざりました・・・・・はい雷です(笑)

 

 がんばる生徒が主役です・・・・ですので、がんばっている生徒を見て、周りの生徒が変化する・・・・成長する・・・これが集団指導の一番の利点だと思います。しかし逆にがんばる生徒が楽なほう、楽しいほうに流れてしまう・・・・こういうデメリットもあるのです。

 

 今回のは完全なるデメリットです。生徒のがんばる時間を奪う・・・・これは正真正銘の「時間泥棒」です。子供たちにはまだわからないかもしれない・・・・10分の積み重ねの重要性・・・・時間がどれだけ大事なのか・・・・・その時間が足りなくてみんなの周りの大人は苦労しているということを・・・それを知れば時間泥棒がいかに罪深いのかが理解できるはずです。

 

 説教の内容としては厳しかったかもしれない・・・・ただ・・・・この壁は乗り越えてもらわないといけない壁です・・・・がんばっている側に回らなければいけない・・・・そこだけは理解してほしいですね。

  • 2018.09.28 Friday
  • 17:59

スポンサーサイト

  • 2018.12.11 Tuesday
  • 17:59

関連する記事

profilephoto

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

qrcode         

PR