追う側も追われる側も

さてブログも火曜日担当から水曜日に勝手にずらし・・・・そしていつの間にか木曜日です・・・・これぞサボり・・・これぞダメ人間の典型例・・・・・どうも天童の福田です(笑)

プロ野球では巨人が強いですね。福田はホクホクです・・・・酒田では阪神ファンの大介先生の悔しさの歯ぎしりが響き渡って騒音問題に発展しているようですね(笑)

勉強でもなんでもいえることですが、リードしている側もされている側追う側もそれぞれに重圧があり、その中で対策を練らなければいつの間にか追い抜かれてしまったり、おいていかれてしまうのだと思うのです。

 

だからこそ首位であっても補強をする・・・・周りから「なんでもかんでも金で解決」などと揶揄されようと勝つために必要なことはする・・・・追う側はとにかくミスをしての負けを減らすことが求められるのです。

 

勉強も同じ・・・・現状で合格圏内にいる生徒が「俺余裕だし」という感覚であぐらをかいていてはいつの間にかライバルが背中に迫っているときに越されるのは目に見えてます・・・ウサギとカメですね。

 

逆に合格圏から遠い生徒は、いきなり応用問題を合格圏内の生徒と同じように始めても基礎が出来ていないので効果は出ません・・・・遠い生徒ほどミスを減らすために基礎問題の反復・・・各教科の土台つくりをするべきなんです。

 

三者面談をしていますが見事に一人ひとり今するべきことが違います・・・・状況も違います・・・思いも意識も知識もみんな違う・・・だから塾がそういう生徒にぴったりの提案をするのです。

 

面談を終えた生徒はやる気ですね。変わってきてます・・・課題が見えてます・・・・雰囲気変わってきています・・・・夏ですね。準備が楽しくなってきました・・・・・・福田が若いときには夏にはTUBEというバンドが活躍していましたが・・・今年はDEBUが活躍します・・・・メンバーは福田と○枝先生です。応援よろしくお願いします(笑)

  • 2019.07.11 Thursday
  • 18:50

スポンサーサイト

  • 2019.08.21 Wednesday
  • 18:50

関連する記事

profilephoto

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

qrcode         

PR