不便から学ぶ

さて、ゴールデンウィークですね。福田も完全にステイホームでした。引き籠るために大量の食糧と、ゲームソフト3本、そしてドラマの相棒のシリーズを借りまくって、準備万端・・・・・やってみてわかったのですが、福田は、ある特殊な人に備わっている「ニートの呼吸」ができる存在だということがわかりました・・・自滅の刃です。

 

ニート生活4日目に友人と電話で会話をすることになりましたが、その時気づいたのですが、ニート生活の中で、福田は3日間誰とも会話をしていなかったのです・・・結果・・・・第一声が裏返る(汗)・・・・使わないとどんどんポンコツ化していくのですね。

 

緊急事態宣言も延期となり、山形でも学校が延期となりました・・・・残念です・・・・塾だって大変・・・・新規の生徒が例年の何倍も少ない状況・・・福田も涙そうそうです。

 

ただ、こういう時はの心構えとして、福田がいつも考えるのは、毎回書いているように、できないことを嘆くんじゃなくて、できることを探すということだと思うのです。

 

ピンチはチャンス・・・好きな言葉です。学校がないからこそ、午前中や午後を使って密ではない状況で子供たちに教えられる・・・・いつもは決まった80分を全然伸ばして授業できる・・・・子供たちと会話ができる・・・・・

 

当たり前のことがなかなか当たり前にできません・・・だからこそ、「このお店って自分にとって大事なんだな」「こんな時でも通わせてくれるって本当にありがたい」という感謝の気持ちが生まれてくるのではないでしょうか。

 

ルール違反で批判を浴びている業種が叩かれています・・・・でもね・・・・・もっと、こんな時期でも頑張っている人を見てほしいと思います。いっぱいいます・・・・頑張っている人・・・笑顔であがいている人・・・そういう人から学んでほしい・・・・そして自分もそうなりたいものです。

  • 2020.05.06 Wednesday
  • 13:18

スポンサーサイト

  • 2020.07.30 Thursday
  • 13:18

関連する記事

profilephoto

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

qrcode         

PR